ストレスや疲労時

人間がストレスを感じている時とも一部共通していることですが、犬などのペットがストレスを感じている時の態度は、一見すると風邪の症状にも似ています。

エサに手をつけなかったり、ぐったりとしていたり、不安になって獣医に診てもらうと「ストレスですね」と言われた経験のある飼い主の方もいらっしゃるかもしれませんね。

犬に特有のストレスの症状としては、しっぽを振りっぱなしのまま止めなかったり、あえぐようにして吠えたりするという状態です。

神経質に臭いを嗅いだり、同じものをずっと噛んだりするときもあるようです。

エサに手をつけず、食欲が無いような場合は、疲労が溜まっている可能性もあります。

 

ストレスや疲労の緩和に効果がある成分はビタミンB1だと言われています。

脳を活性化して、痴呆症にも効果があると言われるビタミンであり、精神安定にも効果があるようです。

疲労を起こす成分として有名な「乳酸」は、ビタミンB1の不足により内臓に蓄積されることでダルさや体の重さを引き起こします。

糖質や炭水化物などを分解してエネルギーに変えるのもビタミンB1の役割であるようです。

ビタミンB1自体は水溶性で、体内に溜まることはなく、飛ぶんに摂取した場合はすべて体外に排出されるようですが、逆に不足しやすくもあるので常に摂取するべき成分のようですね。

 

ストレスに効果のある成分としては他にも、牛乳由来の「ミルクペプチド」や、「ヨモギ」「セイヨウオトギリソウ」などの植物などがあります。「ラベンダー」をハーブとして使用するのも効果があるようです。

疲労に効果のある成分としては、「クエン酸」「ローヤルゼリー」など有名なものや、ガン予防にも効果があるという「クマザサ」などがあります。

 

 

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *