ドライフードの品質評価

一般にペットフードの品質は評価が難しいとされています。
それは生原料の品質や使用量、体内で消化吸収される程度によって異なります。一般的なペットフードには15~20種類ほどの原材料を使っているとされています。

しかし、プレミアムフードと呼ばれる高品質なペットフードには50穫類以上の原材料が含まれているものがあります。このうち標準的なペットフードを与えられている動物は、若い時にはほとんど問題なく生活できるのですが、年齢に関係してだんだんと生じてくるような疾患や病気の予防にはあまり役に立たないとされています。一方でプレミアムフードと呼ばれる高品質なペットフードは抗酸化物質や、疾患予防に効果があるとされるような栄養素も含んでいるものが多く見られます。場合によっては疾患の治療にも効果があるように配慮されているものあるとされます。

プレミアムフードにもいくつかの注意点があります。ドライフードの理想は肉を主体とした高品質のドライフードを選ぶことです。しかし、それを探すのは簡単ではないかもしれません。給餌試験による試験を実施済である旨が包装に表示されているものがあるので、その表示を確認したうえで、無着色で、可能ならば天然保存料のみを含んだものだと良いでしょう。あなたの犬に市販のペットフードを主として与えるときには、それだけでなく歯の健康のために必す、十分な量の生の骨を週2~3回は与えるようにしたほうが良いと思います。さらに、食事の内でペットの必要なエネルギー量の2割ほどは生肉を与え、さらに犬については果物と野菜を加えて変化をつけるべきではないかと思います。生鮮食品によって抗酸化物質を追加したり、食事に変化をもたらしたり、ペットフードでは難しい健康的な成分を加えることができるだけでなく、高いとされるドライフードのカロリーをやや薄めることも期待できるでしょう。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *