良質なペットフードを与えよう

ペットフードに限らず、お金をかければかけただけのことはあります。
ほとんどの安価な製品には安価な原料しか含まれていないため、消化に良くなかったり栄養に偏りが生じてしまったりすることも多いようです。消化に良くないフードを与え続けてしまうと、そのためペットは鼓腸や大量の軟便などの消化器系のトラブルを抱えてしまうことになるかもしれません。

長年、ペットを飼っている方ならばご存知でしょうが、ペットの糞便は硬く簡単に処分できる状態が望ましいはずです。仮に、固く簡単に処分できないような軟便の状態が続いてしまうならば、まず与えているフードの変更を検討するべきだと思います。良質の製品は良質な素材を含む為に余裕がある価格に設定されており、なおかつ給餌試験を始めとした様々な試験を実施していることでしょう。良質なペットフードであれば、フードがペットの体内で適切に消化されるように厳しく管理されていると言えます。

ペットとして飼われることの多い犬や猫が必要とする栄養は人間のそれとは大きく異なっています。つまり、私達人間が食べているものと同じような割合で与えるだけでは過不足が生じてしまうと言えるでしょう。
例えば、人間は高脂肪のポークソーセージを簡単に消化できることでしょう。しかし、これを食事として犬に与えると犬は簡単に病気になってしまうと考えられています。
他にも、菜食料理は人間には健康的で良い食事の代表的な例ですが、新鮮な食物にのみ含まれる栄養素を必要とする一部の猫には有害となることが各所で報告されています。良質なフードは、このような人間と異なる栄養バランスを必要とするペットに最適なフードとなるよう努められているのです。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *